Meilily-Blog

フランス人男性と国際恋愛奮闘中🇫🇷

Macbookに水をこぼしてパニックになったお話

今月火曜日16日、ブログを書いてる際にやってしまいました。MacBookの横に置いておいたお茶がその横に立て掛けてあった本に押されて…(今でも思い出すと泣きそうです)その拍子に、コップが倒れて中身のお茶(恐らくコップ3分の1程度だったと思います)が愛用してまだ1年も経っていないMacBookちゃんのキーボード部分に…パシャンっっと。見事に命中でした。

 

 

何度かiPhone6sの上には飲み物を掛けた経験があるので、その時は大丈夫だったのでMacBookも大丈夫だと思っていました。

 

 

慌てつつも、冷静にキーボード部分の水をティッシュで拭き取りましたがティッシュ5枚では収まらないほどのお茶が出てくる出てくる…。それでも私はまだ余裕でした。

 

 

だって、MacBook airを買った時。ビックカメラの販売員のお兄さんが、アップルケアをつけておけばどんなにMacBook airがめちゃくちゃになっても保証されるって…

 

 

それに電源をつけてみると、異常なし。書いていたブログもそのままの状態…ホッと一息つきながらまずはブログを保存しました。きっとこんなことしてる場合では無かったのですが。トップ画面も、マウスも異常なかったので問題無いと思っていました。だってビックカメラの販売員のお兄さんの言葉を信じていたので。

 

それでも、様子を見るためとりあえず電源を切ってみることに。ふと、iPhoneMacBookに結構水を掛けちゃった時の対処法を見てみました。すると、どうやら過失による故障は保証の対象外らしいです…ってことは今回の事故はAppleCareの対象外らしい。

 

 

え、でもビックカメラの販売員のお兄さんは何があってもAppleCareでカバーできるよって言ってたのに…ってことは修理代がバカ高くなるか、または買い換えを余儀なくされると言うことでしょうか。

 

 

悲しい。悲し過ぎる。とりあえず、同じ被害に遭った方のブログを見るとキーボード部分の水をいち早く乾かすことがポイントの様です。

 

 

MacBook内に残っている水を出すため、タオルを敷きキーボード部分を下に向けさらに扇風機を掛け乾かしてみました。

 

 

ネットで調べていると、どうやら充電が上手く出来れば問題無いそうと充電してみると…

 

 

ちゃんとランプが点灯しました!!あーやっぱりこれだけのことでMacBookは壊れないんだ。良かったってこの時まで思っていました。

 

 

それでも心配なので、一応近くのパソコン修理屋さんに持ち込むことに。すると、MacBookの中は鉄なので水に一度触れると今は良くてもいずれは錆びるそうです。

 

 

話を聞いていくと、キーボード部分を買い換えとなると7万円くらい掛かるらしく、新しく買い換えた方が良いとのこと。

 

 

え、まだ1年も使ってないしビックカメラの販売員のお兄さんがAppleCareで何があってもサポート出来るって言ってたのに。泣きたい気持ちを堪えながら、とりあえず私より遥かにプロ

の方に乾かすことと、データを保存をお願いすることに。

 

 

 

データを別で保存していなかった私は、ハードディスクとデータ移行量とMacBookの作業を含めて2万円弱の費用になるらしいです。加えて最悪ショートしてしまう可能性もあると言われました。

 

 

明日、いよいよMacBookの受取り日ですがどうか無事に使えますように。祈るばかりです。泣

 

 

また近況ご報告したいと思っています。